老け顔は表情筋が原因?顔のたるみを改善したい!

老け顔に見える顔たるみは表情筋が原因?

年齢が上がるにつれて、年上にみられるのは嫌ですよね。

『老け顔』に見える原因に、シワ、シミ、たるみがあると思います。

中でも、表情筋の衰えでできるたるみは

・まぶたがたるむ

・目元の下がたるみ

・ほうれい線

・ブルドック顔

などがあります。

ここがたるんでいると、すごーく老けて見えますよね。

では肌がたるむ原因は何でしょうか?

たるみの原因は?

・肌弾力低下

・表情筋の衰え

・むくみ・脂肪がついている

と、言われています。

スキンケアではあまり改善しないのが『たるみ』です。

なので、たるみをとるには表情筋を鍛えるエクササイズをする必要があります。

⇒表情筋を鍛えることで・・・

新陳代謝がアップし血の流れが良くなる。

むくみの防止や、ハリが出る。

血色も良くなることでくすみも改善し若々しい印象になります。

表情筋の衰えチェック

あまり表情筋を使っていないと筋力が衰えているかもしれません。

・パソコン作業が多い

・スマホをしている時間が長い

・人と話す機会があまりない

・あまり表情を変えない

・肩こり

・姿勢が悪い

上に当てはまる人は表情筋が衰えやすいかも。

表情筋を鍛える

では、どこの表情筋を鍛えると良いでしょうか?

チェックしてみましょう。

前頭筋

場所:おでこの筋肉

役割:眉毛をあげる、額にしわを寄せる、目を大きく開く

⇒衰えると・・・

おでこの横ジワが出来やすい

また、この部分が固いと抜け毛や肩こりにつながりやすい。

簡単!前頭筋トレーニング

  1. おでこに手を軽くあてる
  2. 目を開け眉毛をあげて5秒
  3. ゆっくり元にもどす

このエクササイズを5回程度くり返す。

眼輪筋

場所:目のまわり

役割:まぶたの開け閉め

⇒衰えると・・・

目の下のたるみやまぶたのくぼみ

血行不足で目の下のクマやくすみなどにつながる。

今はパソコンやスマホを使う人が多いので瞬きの回数が減って、衰えやすい場所。

まばたきの回数が減るとドライアイにもなる可能性が。

簡単!眼輪筋エクササイズ

目を開きくるくる八の字に回していく

右回り⇒5回

左回り⇒5回

簡単ですね。ぱっちり目を目指しましょう!

大頬骨筋(だいきょうこつきん)小頬骨筋(しょうきょうこつきん)

場所:頬

役割:口角を外側にひく時、笑う時頬をあげる

⇒衰えると・・・

口角が下がり老けた印象に。ほうれい線や頬のたるみにもつながる。

簡単!大頬骨筋エクササイズ

  1. 割り箸を横にして奥歯でくわえる
  2. 笑顔を作り10秒くらい~キープ
  3. 3~5回くり返す

頬骨筋を鍛えてほうれい線や頬のたるみを撃退しましょう。

まとめ

いかがでしたか。

老け顔に見えてしまう顔たるみには表情筋が大事です。

表情筋エクササイズをぜひ取り入れてみましょう。

筋肉を鍛えるのでたるみだけでなく、くすみにもいいですよ。

運動・睡眠・バランスの良い食事も一緒に取り入れて老け顔を撃退しましょう!